日本海に新鮮な「かに」を食べに行こう!
ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニなど、新鮮で 旨い「かに」を思う存分楽しめる。
↓↓クリック↓↓
かに旅行の宿

寒い冬には旬のかに料理が定番

寒い冬には旬のかに料理が定番ですが、それは、どうして冬にかに料理なのでか分かりますか?
それは、秋から冬の寒さの厳しいころは、かにの身が引き締まっているからなのです。
冬の味覚の代表的なものがかにと言われる理由は、身が締まって美味しいということなのですね。
所謂、旬と言うことなのでしょう。

 

かにと言えば、北海道ですよね。
私は北海道へ旅行に行くと、必ずお土産は毛かにです。
そして旅行先でもかに料理を楽しみます。

 

現在は産地直送便として、新鮮なかにが浜茹でされて、翌日に届くという通販もあります。
北海道のかにだけでなく、他の国からのかにも販売されています。
私が以前、通販で購入したかには「あぶらかに」と呼ばれるもので、ロシア産でした。
日本産に味は少し負けた感じでしたが、大きくて食べ応えのあるかにでしたよ。

 

かにと言えば、中でも毛かにの味噌はすごく美味しいですよね。
毛かにのメスは捕ることが禁止されていること、ご存知でしたでしょうか?
ですから、市場で見られる毛かには全部、雄と言うことになりますね。
かにみそと一緒に入っている卵も私は大好きなのですが、どうりで毛かにには卵が見られないわけです。

 

またかには、脱皮をする生き物です。
1年に1度、脱皮します。
脱皮して、成長したかにを若上と呼びます。
これは、身がぎっしり詰まった良い状態の「堅かに」となる、手前の状態で、甘味があってとても美味しいと言われています。
また、「若かに」というのは脱皮した後の殻を作るために自分の成分を使っているため、かにの身があまり良くない状態です。
これらのランク付けで値段も違ってきます。

ズワイガニ、たらばガニ、毛蟹の豪華3大かにセットが激安!
↓↓クリック↓↓
蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!