日本海に新鮮な「かに」を食べに行こう!
ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニなど、新鮮で 旨い「かに」を思う存分楽しめる。
↓↓クリック↓↓
かに旅行の宿

韓国のかに料理はどうでしょうか

かに料理は日本人が大好きな食べ物の一つですが、外国ではどのように料理して食べているのでしょうか。
私は外国のかに料理と言って思い浮かぶものがなかったので、ちょっと調べてみました。

 

まず、お隣の韓国のかに料理をご紹介します。
代表的なかに料理は、韓国ではなんと言ってもカンジャンケジャンです。

 

韓国語では分かりづらいでしょうね。
日本語に訳すと「渡りかにの醤油漬け」です。

 

これは、醤油に漬けたものなので、韓国の専門店などでは時期を問わず、楽しめる料理です。
カンジャンケジャンの旬は、かにの産卵する直前で、メスかにが体内に卵を沢山盛っている時期とされています。
かにの卵は独特で美味しいですよね。
かにみそと一緒に食べると本当に美味しく、私は大好きです。

 

旬は5月、6月あたりで、これを過ぎると卵を産んでしまうので、かにの体内には卵は見られなくなります。
また、かにを食べ終わった後は、甲羅にご飯を詰めて食べる料理も韓国では有名です。
ご飯にかにの風味が付き、食が進むのですね。

 

また、上海では有名な川かにが上海かにです。
上海近くの湖や川で取れます。
日本でも中華料理で高級食材とされている上海かに、旬は10月から12月と言われています。
卵が沢山入っているかには10月に多く見られます。
私も食べたことがあるので、わかりますが、食べるのがすごく難しいです。
大きなかにではないため、足をむこうとして殻を割ると、つぶれてしまったりします。
上海ではお店のスタッフが、お客さんの目の前で、身を取ってくれるサービスもありますので、うらやましいです。

ズワイガニ、たらばガニ、毛蟹の豪華3大かにセットが激安!
↓↓クリック↓↓
蓋を開けた瞬間に仰天!!《送料無料》北国の三大蟹セット!!